-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-06-28 (Sun)
入院して二日目。
31日の日曜日の夕方くらいから陣痛が10分間隔にもどって、それから徐々に間隔が短くなりました

シャワーに入りたかったけど、痛くて体もきつくなってて断念。
夕飯は食べれたかな?

何度か先生と助産師さんの診察を受けたんだけど
先生が来るたびに、いよいよ切られるのかなー、なんて思ったりしてました
やっぱり医者を呼ばれると、何か医療処置が必要なんだろうなー、って思っちゃって。

陣痛が来てる時の内診はほんとーーーに痛くて、拷問にあってる気分だった
今思うと、子宮口をグリグリされてた時もあったかも。

そして、とうとう夜の21時
このままでは私も赤ちゃんも疲れてしまうから、と
陣痛促進剤を投与することになりました

左手にライン通されてスタート。
ここからはモニターも常時装着です
なるべく薬を使いたくない、と思っていたけれど、このときは長時間の陣痛で気持ちも弱っていたから
これで先が見えるなら・・・って思えました

ぶっちゃけ、薬でも何使っても良いから、今すぐ私を楽にして!!!
って思ったし
強引に子宮口をこじ開ける方法はないのかー!?とまで思ったもん。

薬は少しずつ効いてきて、だんだんと陣痛の間隔が短くなって痛みもアップ。

私はひたすら抱き枕を抱え(持参しました)、時々襲ってくる痛みにひたすら耐える!

パパは・・・・・
私が「暑い!」と言えば、うちわであおいでくれます
「お茶!」と言えば、お茶を飲ませてくれます
「オシリ!」と叫べば、一生懸命オシリを抑えてくれます
「腰!」と言えば、腰をマッサージしてくれます

痛みが来てる時は一緒に
「ふーーーっ、ふーーーっ」
ってしてくれて
痛みが去った後は
「リラックス、リラックス」
と、私が体の力を抜けるように、肩とかをマッサージしてくれてました

でも、これを一人でこなすのは大変だったと思う。。
パパは一緒にベッドに上がり、ひざを使ってオシリを押さえながら腰をマッサージしてくれました

これは助産師さんもほめてた!
「だんなさんスゴイ!みんなにも教えてあげよう(*^^*)」
なんて。

こんな事が一晩中続くわけなんだけど、ここからは時間とか自分の経過がどうだったのかさっぱり分かりません~
モニターを見る余裕も、時計を見る余裕もなかったから・・・

時々診察されるたび、やさしい助産師さんが
「大丈夫ですよ~。ゆっくりだけど、ちゃんと進んでるから。赤ちゃんがちょっとのんびりやさんなんだね。」
って感じで教えてくれるんだけど
なんとなーく雰囲気から、劇的な変化はないんだろうなー。。って思って
でも、その時はもう痛くて痛くて気持ちも衰弱してたから、何かを思ったり言ったりする余裕もなく
ただただその時々の状況を受け入れて耐えるだけだった

そして、徐々に促進剤の点滴の量が増やされていきます
「増やしますね」
と言われる度、またもや
「拷問だー!」
と思ってました。。

この頃には痛すぎるのと寝不足もあって錯乱状態。
痛みの世界にどっぷりつかってしまい、自分がどうしてそんな痛い思いをしてるのかも考えられなくなってた

最初の頃は
「はるちゃんにもうすぐ会えるんだ!」
って思ってがんばれたけど、そう思う余裕すらなくなってたと言うか、わけが分からなくなってたんだと思う
何も考えられなくて、ただただ
「あー、もう無理。がんばれない。。」
そう思っちゃってた。

じゃぁどうするの?

そう聞かれたらきっと答えられなかったと思うんだけど、と言うかそこまで考える余裕もなくて
ただ「無理。。。」って

助産師さんにも
「もうがんばれる自信がない」
って弱音を吐いちゃったし

でも、優しい助産師さんは
「大丈夫!ちゃんと自分で産めるから」
そう言ってくれたんだよね
辛かったけど、その言葉を励みにがんばれたかな

先生の診察のあとも必ず
「さっきより開いてたってー。ちゃんと進んでるよー。」
と励ましてくれる。
それに答える余裕は私にはなかったけど、やっぱり嬉しかったしその言葉がありがたかったです

そんなこんなで一晩過ごし、気づけば外が明るくなってきてた!
これには結構おどろいたなー。
時間がまったく分かってなかったから
「もう朝なのーーーっ!?」
って。

間隔がかなり短くなってきても、陣痛の合間にはうとうとしてたのかたまに寝ぼけた発言をしたりして
パパも同じくうとうとしてたと思う
一晩中、私の陣痛に付き合ってくれてたんだもん
パパも相当辛かっただろうなー、って思う

朝にはトイレに行くのもかなりしんどくなって、たどり着くまでに2回ほど痛みを逃し
トイレの中でも痛みを逃しつつ。。。
最後の方には尿意はあるんだけど、自分で出すことが出来なくなってしまって、お願いして導尿で出してもらいました
どうしてもオシリに力がはいっちゃって、いきんでしまいそうで怖かったんだもん

いきみたい感もMAX
陣痛の痛みも間隔がなくなってきて、痛みが去ったかな?と思ったらすぐにやってくる
「ふーーー、うん。ふーーー、うん。」
この頃には、最後だけ力を入れていい呼吸法。
呼吸法ってスゴイ。
この最後の「うん」だけで、少しでも楽になれるんだから

そして、やっとやっと
「ちょっと早いけど分娩室行こうか。」

子宮口8cm。
後から聞いたことだけど、朝の6時くらいのことだったみたいです

入院してから31時間
陣痛促進剤の投与から9時間後

さらに続く・・・


にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産,育児へにほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村

クリックするだけで募金できます
よろしくお願いします
こちら
     クリックで救える命がある。

スポンサーサイト
| 出産 | COM(2) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。